スタッシャーを使った石鹸素地から石鹸を作る方法【脱プラスチック】

スポンサーリンク
石鹸の作り方 プラスチックフリー
石鹸の作り方
スポンサーリンク

みなさん、「スタッシャー」というのを聞いたことありますか?

このスタッシャー、めちゃくちゃ便利です。

プラスチックフリーな生活をされている方なら知らない人はいないこのスタッシャー。

 

 

食品グレードのシリコンを使ったジップロックなのです。

 

 

このスタッシャーのいいところはシリコンなので冷蔵保存はもちろん冷凍、湯煎、電子レンジなど様々な用途に使えます。

ビニールタイプのいつものジップロックだと他のビニール袋よりは持ちはいいですが破れてしまうと使えなくなってしまいますよね。

スタッシャーは破れる心配もありませんし(もちろん包丁など尖った物を扱うのは注意してください)約3000回は使えるというリユースに優れております。

 

 

今回はこのスタッシャーを使って石鹸素地から石鹸を作る方法をお伝えします♪

 

 

スポンサーリンク

スタッシャーを使った石鹸素地から石鹸を作る方法

石鹸素地とは?

石鹸素地

まず石鹸素地って何?ってなりますよね。

石鹸素地とは材料の油脂(植物性油脂または動物性油脂)を水酸化ナトリウム(苛性ソーダ)を化学反応させたものが石鹸素地になります。

 

使われる油脂は主に二つあり植物性油脂または動物性油脂です。

植物性油脂でよく使われているのはパーム油、パーム核油、ヤシ油、米ぬか油などです。

動物性油脂で使われているのは牛脂がほとんどです。

 

私が使っているのはこちら

2000円(税抜き)国産オーガニックの先駆者ハーブ研究所山澤清の無添加石鹸素地

パーム油、ココナッツ油でケン化させた石鹸素地。

もちろん合成界面活性剤・石油由来原料不使用。化学合成の防腐剤・酸化防止剤・金属封鎖剤・色素・人工香料無添加。

合成界面活性剤は石油系界面活性剤ですが、このような石鹸素地は天然油で作るのでお肌への負担がありません。

 

 

確かに作るのは買うよりも手間ですが、何が含まれていて何が含まれていないのか、肌に使うものだからこそ気にしたいという方は手作り石鹸おすすめですよ!

(私は髪から体まで全て手作り石鹸を使ってます^^)

 

他にも生活の木の石鹸素地も人気です。

 

 

 

石鹸素地からの石鹸の作り方

準備するもの(石鹸1個)

石鹸の作り方

◆石鹸素地 100g

◆精製水または浄水 15ccc

◆スタッシャーM

◆シリコンモールド

◆お好みで精油3〜5滴

 

作り方

①石鹸素地をスタッシャーに入れます。

石鹸の作り方

 

②精製水とお好みで精油をを加えてスタッシャーの上の部分をしっかりと締め、こねます。

(ポイントとしてスタッシャーの中に入っている空気を抜いてから封をしないと石鹸の粉が飛び散ります笑)

石鹸の作り方

 

石鹸の作り方

 

③石鹸素地がダマになっているので潰しにくい時は麺棒や瓶をコロコロさせてください。

石鹸の作り方

 

④精製水が全体に馴染んだらシリコンモールドの中に入れて型を取っていきます。

石鹸の作り方

 

⑤型から石鹸を外してタオル包んで風通しの良い日陰で1ヶ月ほど熟成させます。

石鹸の作り方

 

1ヶ月ほど経ったら硬くなっているので出来上がりです^^

 

 

スタッシャーはいろんなサイズがあります

今回はスタッシャーのMサンドイッチタイプを使いましたが、様々なサイズがあります。

残った夕食の具を入れるならスタンドタイプのこちらもおすすめです!

 

スタッシャーではないですが私のお店でもシリコンジップロックを販売してますので覗いてみてくださいね^^

シリコン素材小分け袋(1000ml)

 

YouTubeもあります

動画もとりましたのでぜひ見てみてくださいね^^

【プラスチックフリー】石鹸素地で作る石鹸の作り方【スタッシャーはホント便利】

コメント

タイトルとURLをコピーしました